本文へ進みます

ラグビーヘッドライン

2019年3月29日(金) 桑野選手のNZ研修レポート③

NZの桑野選手02 

 ロックの桑野詠真選手は、3月7日よりニュージーランドにてラグビー研修を行っています。現地からのレポートをお伝えします。

■桑野選手のNZレポート その③
「みなさん、こんにちは。ニュージーランドは夏が終わり、秋が始まってきた感があります。そして、クラブチームのシーズンが今週の土曜日(3/23)に開幕しました。

 初戦はアラタキクラブというチーム。その日の朝から試合直前まで大雨が降り、本当に大丈夫かなと思うほどでしたが、試合が始まると、いきなり快晴に。すぐに気温が上がりはじめ、湿度が高く、とてもきつい環境での試合になりました。

 前半は25-7のリードで折り返しましたが、後半は打って変わって攻められる状況が続き、得点差を縮められていく苦しい展開になりましたが、1トライ奪い、最後は30-27で開幕戦を勝利しました。

 自分よりも大きい相手が多く、とてもフィジカリティな試合で、日本ではなかなか経験できない試合でした。日本のラグビーの組織的なスタイルとは違い、ニュージーランドで主流になっているパスやステップなどを経験できる点も刺激的で、それを体感できることがとても楽しいです。

 さて、写真はホームステイ先のホストファーザーです。優しそうな顔をしていますが、彼は地域代表のベイオブプレンティーで100キャップ(100試合の公式戦)以上の出場記録を持っており、南半球最高峰の「スーパーラグビー」でも活躍したロックの選手でした。身長が197センチもあり、自分がかなり小さく見えますネ。」


ページ
先頭へ