本文へ進みます

ラグビーヘッドライン

2019年6月16日(日) 「ラグビー授業重点校訪問」菊川市&掛川市へ(6/16更新)

2019年6月13日の菊川市加茂小訪問 

 2019年6月11日(火)と13日(木)に「ラグビー授業重点校訪問」を行いました。今回は磐田市や袋井市だけでなく、少し足を伸ばして、菊川市や掛川市の小学校へもヤマハ選手が訪問しました。

■6月11日(火)
・訪問校:掛川市立大坂小学校、御前崎市立御前崎小学校、袋井市立浅羽北小学校、袋井市立浅羽東小学校、磐田市立青城小学校、磐田市立磐田西小学校、磐田市立磐田南小学校(合計7校)

■6月13日(木)
・訪問校:東海大翔洋中学校、菊川市立加茂小学校、菊川市立小笠東小学校、磐田市立豊田東小学校、磐田市立豊田北部小学校、磐田市立竜洋小学校(合計6校)

■ミニレポート⓵「掛川市立大阪小学校」
 エコパスタジアムの玄関口となる新幹線の駅と言えば「掛川駅」。今回、掛川市立大坂小学校を訪問したのは矢富(勇)選手、名嘉選手、そして新人の岡本選手の3名。まずは「パプリカ」の歌に合わせたダンスを終えた小学1年生から歓迎を受け、続いて小学6年生60名に「ラグビー授業」を行いました。児童たちの目を奪ったのは矢富(勇)選手は素早く正確なパス。名嘉選手と岡本選手によるタックルのデモンストレーションもラグビーの迫力を伝えるに十分でした。一通り、授業を終えた後、突如、体育館に大坂小学校の各学年の児童たちが体育館に合流!3人の選手たちは想定外の握手攻めに遭いながらも、笑顔で交流を深め、最後は集まった児童全員と記念撮影することができました。
 岡本選手「学校全体が元気!人懐っこさは子供の特権です。子供たちの心に全力で向き合うことができたかなと思います」
osaka_01s.jpg
osaka_02s.jpg
osaka_03sjpg.jpg

■ミニレポート②「菊川市立加茂小学校」
 お茶の名産地として知られる菊川市。第一東名高速道路の菊川インターを降りてすぐの菊川市立加茂小学校を訪れたのは松本選手と鹿尾選手の二人。当初は小学6年生約50名と会う予定でしたが、学校側が「滅多にないこと」と調整し、急きょ、小学5年生たちも合流しての「ラグビー授業」を行う運びとなりました。
 その心意気を感じた松本選手と鹿尾選手は「全員でボールを持って走ろう!」と座学よりもラグビーボールに触れてもらう内容に変更。すると児童たちは大喜びで立ち上がり、松本選手と鹿尾選手と共に楕円のボールを持って体育館の中を走り回りました。楽しい時間は瞬く間に過ぎ、最後は全員とハイタッチをしてプログラムを終えました。
 選手が帰ったのち、興奮した高学年の児童たちが校長を訪れ、「ラグビー選手に会った」「ラグビーのお兄さんの手が大きかった」など次々に校長先生に伝えたそうです。校長先生は「実は私もあの場にいたのですが、私に気が付かないほど、生徒たちはヤマハの選手たちに集中していたのですね」と、後日談を教えてくださいました。
IMG_8582s.jpg
IMG_8591s.jpg
IMG_8607s.jpg

ページ
先頭へ