本文へ進みます

ラグビーヘッドライン

2016年11月20日(日) ウェールズ戦にヤマハ6選手が全員出場

初キャップを獲得した日野選手 

 11月19日(土)に英国ウェールズにて行われた国際試合「日本代表対ウェールズ代表」戦に、ヤマハから仲谷選手が先発出場し、後半途中から山本(幸)選手、伊藤選手、ヘル選手、日野選手、三村選手が出場しました。

 試合は日本が田村選手のペナルティーゴール(以下、PG)で先制。しかしウェールズに2トライ奪われ、前半13-14と1点ビハインドで前半を折り返します。

 後半、一時は13-24とリードを広げられますが、田村選手のPGで追加点を奪い、33分には日本がボールをつないでトライ。田村選手のゴールも決まり、30-30と同点に追いつきます。

 試合終了まであと5秒という時間帯にウェールズのデーヴィス選手がドロップゴールを成功させ、30-33で日本の惜敗となりました。

 今回の欧州遠征の参加したヤマハ選手6名全員がウェールズ戦に出場し、それぞれに持ち味を発揮。仲谷選手は3試合連続で先発し、日本スクラムの定位置を確保。ヘル選手は力強い突進を繰り返すタフさを見せました。三村選手は後半33分のトライにつながるマフィ選手への長いパスを放ち、スキルの高さを披露。そして、後半はヤマハファンにはお馴染みの山本(幸)選手、日野選手、伊藤選手のフロントロー三人が赤白の日本代表ジャージ姿で揃い、ウェールズFWに立ち向かいました。

 日本代表はフランスに移動し、遠征の最終戦をフィジー代表と戦います。引き続き日本代表およびヤマハ選手への応援をよろしくお願いします。

■スコア
日本代表 30-33 ウェールズ代表(前半13-14)

ページ
先頭へ