本文へ進みます

ラグビーヘッドライン

2019年9月18日(水) 清原選手のニュージーランド研修レポート③

タウランガの風景(撮影、清原選手) 

 ニュージーランドにて海外研修中の清原選手からのレポート第3弾です。
(画像はニュージーランドのタウランガの風景。撮影:清原選手)

<清原選手レポート③>
 今週は州代表のスティーマーズ(STEAMERS)はタラナキ州代表(TARANAKI)と、ベイオブプレンティー州の若手チーム、ナファ(Ngawha)はオークランド州の若手チーム(AUKLAND DEVELOPMENT)とそれぞれ試合を行いました。

 今回は、ナファの15番で出場しました。木曜日の練習の時に、コーチ陣から「フルバックは替えがいない。80分間たのむ」と言われてたので、入念に準備していたのですが、まさかの後半15分に交代。ハーフタイムのチームミーティングでは「前回の反省点をクリアーしているのはキヨだけだ」と評価されていたのに、交代。理由がわからず、なんなのだろうかと不満が残る週となりました。そんな表情が顔に出ていたのか、コーチ陣は「コミュニケーションも取れてたし、スペースも見れてた」と声をかけてくれましたが、素直に喜べない自分がいました。

 スティーマーズの試合はナファの試合時間と被っていたため、生放送では見ることができませんでしたが、録画の映像を見る限りでは、しっかりと練習でやったことが出ていました。前半を17-10とリードして折り返し、後半も得点を重ねて31-17で勝利。ニュージーランド国内大会の「マイター10」にはプレミアシップとチャンピオンシップと2つに分けられているのですが、スティーマーズは現在チャンピオンシップの2位につけています。どういう分け方なのかとか詳しい事は分かりませんが、勝ち続けるしかない大会です。

 次の週は練習にて「なぜ交代なのか」の理由をハッキリさせて、スッキリとした気分でトレーニングに励みたいと思います。今回は僕が住むタウランガの町を撮影したので、送ります。海が本当に美しい土地です。

ページ
先頭へ