本文へ進みます

ラグビーヘッドライン

2019年5月13日(月) 清原選手らがエコパスタジアムにてキックイベント参加

2019年5月11日エコパスタジアムイベント01 

 2019年5月11日(土)に静岡県袋井市のエコパスタジアムにてキックイベントが開催され、ヤマハ発動機ジュビロからは田中選手、石塚選手、清原選手が参加しました。

 「2019人でキックを蹴ろう!」というコンセプトの今回のイベントに、予定人数よりも多い2149名が参加し、朝からエコパスタジアムは熱気に包まれました。

 川勝静岡県知事の挨拶からイベントはキックオフ。続いてキックのお手本として、清原選手が最初のデモンストレーションをピッチにて披露。また田中選手と石塚選手も当日の司会を務めた高橋正純さんと共に会場を盛り上げました。

 参加者が次々と特設ゴールポストを目掛けて楕円型のラグビーボールを蹴り込むシーンは圧巻。大人から子供まで、たくさんの方々がラグビー選手気分をワールドカップ会場のエコパスタジアムにて味わう機会となりました。
 
 キック後は、田中選手、石塚選手、清原選手が退場出口に移動し、参加者と記念撮影やサインなど、交流を深めました。

■清原選手コメント
「2,000人以上の方々がぐるりとピッチを囲む中でのゴールキックのデモンストレーションは本当に緊張しました。ゴール成功を見せることができてホッとしました。進行もスムーズで、みんなが楽しめたキックイベントになったと思います。ワールドカップに向けて、ラグビーへの関心度が高まっていることを改めて実感できた一日でした。」

ページ
先頭へ