本文へ進みます

ラグビーヘッドライン

2018年5月15日(火) 8/19(日)に釜石遠征が決定

2018年5月15日釜石会見 

 ヤマハ発動機ジュビロは、今年の8月19日(日)に岩手県の釜石鵜住居復興スタジアム(仮称)にて、竣工記念試合として釜石シーウェイブス(以下、釜石SW)と対戦することが決定しました。

 2011年に東日本大震災後に初めて釜石市にてラグビー試合を釜石SWとヤマハが松倉グラウンドにて行ったことがきっかけとなり、このたび来年のワールドカップのために新設される鵜住居スタジアムの竣工記念試合として、両チームが招待されました。

 都内にて行われた記者会見にて清宮監督は「この試合はヤマハにとって使命であり、運命。8月19日が楽しみです」と壇上から語り、同じく登壇した堀江主将は「この試合のキーワードは全力。すべての力を出し切り、釜石の方々に勇気を与えたい」と意気込みます。また五郎丸選手は「2011年は我々も強化縮小で厳しい時期にいた。苦しみを知る両チームが、どれだけ成長したのかを見ていただける機会になるでしょう」と力強くスピーチしました。

 試合は8月19日(日)釜石鵜住居復興スタジアムにて午後に行われる予定です。詳細については、主催者からの情報が入り次第、当ウェブサイトなどにてお伝えいたします。

ページ
先頭へ