本文へ進みます

ラグビーヘッドライン

2018年3月25日(日) ヘル選手が復帰戦を勝利で飾れず

ヘル選手(20180324宮撮影) 

 2018年3月24日(土)に東京都の秩父宮ラグビー場にて行われたスーパーラグビー「サンウブルズ対チーフス戦」にヤマハのヘルウヴェ選手が5番のロックで先発出場しました。
 
 昨年11月、日本代表メンバーとしてオーストラリア代表と対戦した際に腕を負傷したヘル選手。長い時間をかけ、リハビリに励み、再びスーパーラグビーの舞台に復帰しました。

 試合はニュージーランドのチーフスが前半からパワフルなラグビーを展開し、前半に4連続トライを奪う猛攻を見せます。ホームの声援を受け、サンウルブズは奮起。ヘル選手の突進やリーチ選手の突破からチャンスを掴み、1トライを奪って折り返します。

 後半、サンウルブズはサウマキ選手のトライで10対28と迫ります。しかし、チーフスは自在な動きから次々とトライを決め、最終スコアは10対61でサンウルブズが敗れました。

 Jスポーツのゲスト解説を担当した大田尾プレイングコーチ(※2017年度をもって選手は引退)は「ヘル選手の動きは良かったと思います。彼の前進する力はサンウルブズにとって大きな武器です。ただ、今回はチーフスの出来が良すぎて、ヘル選手がボールを持つ機会が少なかったのは残念。次のワラタス戦(4/7)では彼の豪快な突進をもっと見たいと思います。」とヘル選手への期待を語りました。

 ヘル選手への熱いご声援を誠に有難うございました。引き続き、ヘル選手ならびにサンウルブズへの応援を宜しくお願いします。

ページ
先頭へ