本文へ進みます

ラグビーヘッドライン

2017年12月 3日(日) 試合結果:ヤマハ 22-27 東芝

2017年12月3日のヤンマースタジアム長居 

 2017年12月3日(土)大阪府でのトップリーグ第10節、東芝戦の試合速報です。
<試合結果>
ヤマハ 22-27 東芝(前半7-14)

<前半>東芝のキックオフ
・07分:ヤマハ、ラインアウトからのモールを押し込み矢富選手トライ 5-0
・08分:ヤマハ、右隅の位置から五郎丸選手ゴール成功 7-0
・26分:東芝、BKが展開し、カフイ選手が右隅にトライ 7-5
・27分:東芝、バンワイク選手ゴール成功 7-7
・32分:東芝、連続攻撃から藤原選手が右中間にトライ 7-12
・33分:東芝、バンワイク選手ゴール成功 7-14

<後半>ヤマハのキックオフ
・02分、東芝、スクラムから展開、豊島選手トライ 7-19
・03分、東芝、バンワイク選手ゴール成功  7-21
(入替:加藤→日野)
(入替:トゥイアリイ→バードゥル、山本→植木)
・09分:ヤマハ、カウンター攻撃から日野選手が左隅にトライ 12-21
・10分:ヤマハ、五郎丸選手ゴール× 12-21
・12分:ヤマハ、TMOの判定によりトライ認められず
(入替:伊藤→山村、田中→宮澤)
・17分:東芝、小川選手PG成功 12-24
・24分:ヤマハ、ラインアウトから展開、三村選手が中央にトライ 17-24
・24分:ヤマハ、五郎丸選手ゴール成功 19-24
・29分:東芝、小川選手PG成功 19-27
(入替:矢富→篭島)
・36分:ヤマハ、五郎丸選手PG成功 22-27
試合終了。
5点差以内の敗戦のため、勝ち点1を獲得し、第10節を終えて総勝ち点は「36」となりました。

 大阪でのご声援を誠に有難うございました。次節からのリーグ戦3試合は全て静岡県磐田市のヤマハスタジアムでの開催となります。引き続きヤマハ選手への応援を何卒宜しくお願いします。

■堀江主将コメント
「負けた理由はシンプル。東芝のディフェンスに下げられ、スクラムも押せず、その状況がそのまま結果に出たと思います。自分たちはチャレンジャーだという気持ちがもっと必要でした。悔やまれるのはモールでのアタック。最初のトライの後、トライを取りきるモールが組めず、自分たちのリズムに持っていくことができませんでした。しっかりと分析し、次の試合に向けて精度を上げていきたいと思います。」

※突破を図るタヒトゥア選手(撮影:甲斐博之氏)

ページ
先頭へ