本文へ進みます

ラグビーヘッドライン

2017年9月 9日(土) 試合結果:ヤマハ35-12リコー

2017年9月9日、試合の様子 

 2017年9月9日(土)ヤマハスタジアムで行われたトップリーグ第4節、リコー戦の試合結果です。

<前半>リコーのキックオフ
・07分:ヤマハ、五郎丸選手が右隅にトライ 5-0
・08分:ヤマハ、五郎丸選手ゴール成功 7-0
・11分:リコー、ラインアウトからモールを押し込みトライ 7-5
・12分:リコー、ロビー選手ゴール× 7-5
・31分:ヤマハ、ラインアウトから堀江選手がトライ 12-5
・32分:ヤマハ、右中間の位置、五郎丸選手ゴール成功 14-5

<後半>ヤマハのキックオフ
・04分:ヤマハ、ラインアウトから堀江選手トライ 19-5
・05分:ヤマハ、右隅の位置、21-5
(ヘル選手→西内選手)
リコーが猛攻。ヤマハゴール前での攻防が続く。
ウォーターブレイクをはさむ。
(五郎丸選手→大田尾選手、マッガーン選手→サウ選手)
・15分:ヤマハ、ラックから堀江選手トライ 26-5
・16分:ヤマハ、正面の位置、ゲラード選手ゴール成功 28-5
(山本選手→仲谷選手、クリシュナン選手→八木下選手、伊藤選手→大塚選手)
(日野選手→名嘉選手)
・32分:ヤマハ、八木下選手のディフェンスから攻撃に、タヒトゥア選手トライ 33-5
・33分:ヤマハ、ゲラード選手ゴール成功 35-5
(矢富選手→篭島選手)
・37分:リコー:濱野選手トライ 35-10
・38分:リコー:濱野選手ゴール成功 35-12
・40分:ヤマハ、タヒトゥア選手トライはビデオ判定の結果ノートライ 35-12
試合終了。

■清宮監督
「敗戦の後の再スタートの試合だったので、内容が問われる試合でした。キャプテンが3トライ奪う内容、勝利にふさわしい試合になりました。また勝ち点5を取ることもでき、良い再スタートとなりました。今日も7,000名以上の方々がヤマハスタジアムに集まってくださり、本当に素晴らしいホームの雰囲気の中で試合を行えました。有難うございました。」

■堀江主将
「先週から成長したことを見せることができた試合でした。しかし、良い点もある一方で、悪い点もあり、まだまだ成長できる余地があると思います。3トライを取りましたが、本来ならばモールを押し込んで取りたい場面でした。ここはチーム全員が感じている点だと思います。この先の試合もしっかりと準備し、セットプレーで優位にたつ自分たちのラグビーを目指していきたいと思います。たくさんの応援、有難うございました。」

 本日もヤマハスタジアムでの大きなご声援を賜り、誠に有難うございました。
なお、本日のマンオブザマッチは3トライを決めた堀江選手が受賞しました。

ページ
先頭へ