本文へ進みます

ラグビーヘッドライン

2017年9月 7日(木) ホーム戦直前に磐田市長を訪問

磐田市の渡部市長を訪問(2017年9月) 

 9月6日(水)に鈴木正典ラグビー部代表、上田弘之ラグビー部部長、清宮克幸監督、堀江恭佑主将が磐田市の渡部修市長を訪問しました。週末に迫ったホーム初戦への意気込みなどを語り、磐田市民からの応援をお願いしました。

 清宮監督は「2年後のワールドカップ静岡開催が成功するためにも、まずは磐田で行われるトップリーグで地域が盛り上がることが重要。我々は熱い試合を見せますので、ぜひ、土曜日の試合には多くの方々に見ていただき、熱戦から何かを感じていただければ幸いです。」と語りました。

 また、今季主将に就任した堀江選手は「皆様からの声援が本当に力になります。サントリー戦の反省を生かし、レベルアップした試合を地元で見せたいと思います。」と語りました。

 渡部市長は「年々、ヤマハラグビーが力をつけてきていることを実感しています。今年こそはトップリーグで優勝し、多くの人々に感動を与えていただきたいと思います。6月に静岡県にて行われた国際試合では、磐田市から多くの小学生たちがラグビーを生観戦し、素晴らしい体験を得た様子でした。今後はサッカーの試合で実施しているような、子供たちが一斉に観戦できる機会を作りたいと考えています。土曜は私も応援に行きます。熱戦を期待しています。」とエールを送っていただきました。

ページ
先頭へ