本文へ進みます

ラグビーヘッドライン

2017年8月26日(土) 試合結果:ヤマハ38-10豊田織機

2017年8月26日、試合の様子 

 2017年8月26日(土)、愛知県のパロマ瑞穂ラグビー場でのトップリーグ第2節、豊田自動織機戦の試合速報です。

<前半>豊田織機のキックオフ
・04分:織機 片桐選手PG× 0-0
・07分:織機 松本選手がトライ 0-5
・08分:織機 片桐選手ゴール成功 0-7
・18分:ヤマハ ラインアウトから展開、ゲラード選手トライ 5-7
・19分:ヤマハ 左中間の位置、五郎丸選手ゴール成功 7-7
・25分:ヤマハ 相手キックをチャージ、山路選手がトライ 12-7
・26分:ヤマハ 左隅、五郎丸選手ゴール× 12-7
・37分:織機 片桐選手PG成功 12-10

<後半>ヤマハのキックオフ
・07分:ヤマハ スクラムを押し込み認定トライ&ゴール 19-10
(14分、篭島選手→矢富選手)
(20分、山本選手→仲谷選手、五郎丸選手→吉良選手)
・26分:ヤマハ 大田尾選手のキックからモセ選手がトライ 24-10
・27分:ヤマハ ゲラード選手ゴール× 24-10
(27分、伊藤選手→大塚選手、大田尾選手→清原選手)
・30分:ヤマハ 伊東選手がトライ 29-10
・31分:ヤマハ ゲラード選手ゴール成功 31-10
(31分、日野選手→名嘉選手、山路選手→西内選手)
・33分:織機 松井選手のトライ、TMOの結果、ノートライに
(34分、モセ選手→八木下選手)
・39分:ヤマハ 連続攻撃から名嘉選手が中央にトライ 36-10
・40分:ヤマハ ゲラード選手ゴール成功 38-10
試合終了。
本日もたくさんの熱きご声援を有難うございました。マンオブザマッチには前半にトライを決めた山路選手が初受賞となりました。

■清宮監督コメント
「前半は風下で耐えて、後半に攻勢をかけるプランでいました。前半の予想外はセットプレー。ヤマハの強みを出すことができませんでした。しかし、後半はしっかりと修正でき、プランを遂行することができました。新戦力が躍動した第2節となり、この先が楽しみです。特に後半に入った吉良選手。様々なプレーを見せてくれました。次はサントリーとの対戦。相手よりも勝っている場面ではしっかりと勝つことが重要。自分たちの強みをだして、勝てる局面で勝ちを重ねていく試合展開にしたいと思います。」

ページ
先頭へ