本文へ進みます

ラグビーヘッドライン

2017年3月13日(月) グランシップ静岡でのラグビーイベントに参加

グランシップ静岡でのイベント風景 

 3月12日(日)にグランシップ静岡にて静岡県主催によるラグビーPRイベント「みなスポコラボ!ラグビースタジオ@しずおか」が開催され、ヤマハからは清宮監督、大塚選手、高部選手、山路選手、松本選手、吉沢選手、清原選手、川原田選手、小林選手、伊東選手、粟田選手の合計11名が参加しました。

 トークショーでは清宮監督によるルール解説や、大塚選手をはじめとするFW選手たちによるスクラムやラインアウトの実演、吉沢選手と清原選手によるパスの披露し、ラグビーの面白さを伝えました。交流タイムではビンゴ大会が行われ、当選者とステージ上にて記念撮影を行いました。イベントの最後にエントランスにて選手と触れ合う時間が設けられ、集まった600名の来場者と交流を深めました。

 清宮監督は「このイベントは2019年の静岡開催に向けた良いキックオフとなりました。次は6月17日のエコパスタジアムでの日本代表とアイルランド代表のテストマッチ。世界ランキング4位のアイルランドとヤマハ選手やヤマハのコーチがいる日本代表の試合は必見です。本物に触れる機会、多くの静岡県の皆様に味わっていただきたいと思います。」と壇上から来場者に国際試合観戦を呼びかけました。

参加した方からは「ラグビーのルールが双方のチームにフェアに作られていると知り、ルールに興味が湧きました」「日本代表の試合が6月17日にあると知り、県内で観戦できるのが楽しみです」などの声がありました。

ページ
先頭へ