本文へ進みます

ラグビーヘッドライン

2016年10月19日(水) サウ選手が静岡県知事を表敬訪問

左からサウ選手、松田氏、川勝静岡県知事 

 10月17日(月)にマレ・サウ選手が静岡県の川勝知事を訪問しました。今回の表敬訪問はラグビーワールドカップ2019組織委員会が企画したもので、ヤマハ発動機からはサウ選手が、ワールドカップ2019アンバサダーの松田努氏(元日本代表選手)が参加。過去にワールドカップに出場した二人が川勝知事に世界中の人々との交流する素晴らしさやトップレベルの試合が見られることのメリットなどを伝えました。

 川勝知事は「静岡県はすでに2019年の盛り上げに動き出しています。学校でのタグラグビーの普及活動や市民レベルでのラグビーイベントなど様々な展開を行っています。また現在行われているトップリーグでのヤマハ発動機の躍進が大きな推進力にもなっています。清宮監督には静岡県の委員として多くの助言をいただき、本当にたくさんの人たちの手によって、ラグビーを盛り上げる雰囲気づくりがなされています。」と語りました。

 訪問を終えた松田氏は「静岡県にはラグビーがしっかりと根付いている。大会の成功は大丈夫」と報道陣にコメント。サウ選手は「2019年も日本代表でプレーし、多くの日本の人々にラグビーをより好きになってもらいたい」と今後も日本代表選手を目指していく強い意志を表明しました。

ページ
先頭へ