本文へ進みます

ラグビーヘッドライン

2016年10月 3日(月) 2016年11月の日本代表にヤマハから6名が選出

初キャップに前進!伊藤選手(中央)と日野選手(左) 

 10月3日(月)の午後に都内にて(公財)日本ラグビーフットボール協会は、今年11月に行われるアルゼンチン代表戦およびヨーロッパ遠征に向けて行う日本代表メンバー36名を発表しました。

 ヤマハからはFW4選手、BK2選手の合計6選手が選出されました。
 FWは伊藤平一郎選手、日野剛志選手、山本幸輝選手、三村勇飛丸選手のいずれも日本代表初選出の名前が並びました。
 一方、BKには日本代表経験を持つ矢富勇毅選手とマレ・サウ選手のベテラン2選手が選出されました。
 また、コーチスタッフとしてヤマハから長谷川慎FWコーチが選出され、11月の国際試合および遠征にも帯同することが併せて発表されました。

 日本代表チームは11月5日(土)東京都・秩父宮ラグビー場にて行われる「リポビタンDチャレンジカップ2016 アルゼンチン代表戦」を皮切りに、ヨーロッパへ遠征し、ジョージア代表・ウエールズ代表・フィジー代表と対戦する予定です。

■日野選手コメント
「高校日本代表やU19などの各カテゴリーでの代表経験はまったく無かったので、今回、日本代表に選ばれたと聞いた時、とてもびっくりしました。初めてのことばかりですので、緊張すると思いますが、ヤマハからたくさん選手が選ばれており、コーチにも長谷川慎さんがいるので、しっかりと実力を発揮できればと思います。また、今回、自分が選ばれたのはヤマハFWが評価されてのこと。ヤマハFWの代表だと思って頑張ります。」

■長谷川FWコーチコメント
「まずは11月の大事な時期に、ヤマハが日本代表チームに帯同することを快諾してくださったことに、この場を借りて厚くお礼申し上げます。ヤマハの選手たちが多く選出されたように、ヤマハのラグビーが評価されて今回、自分に話が来たのだと思っています。11月の国際試合では、代表選手時代の経験を生かし、ヤマハでのコーチング経験も合わせて、強いチームを作る文化を作っていきたいと考えています。応援をよろしくお願いします。」

 

ページ
先頭へ