本文へ進みます

ラグビーヘッドライン

2016年7月22日(金) 試合結果:ヤマハ36-7クボタ

2016年7月22日、対クボタ戦。名嘉選手の突進。 

 7月22日(金)の夏季強化試合、対クボタ戦の試合結果をお伝えします。

ヤマハ発動機36-7クボタ(前半5-7)

【前半】クボタのキックオフ
・32分:ヤマハ 連続ラックからヘル選手が右中間にトライ 5-0
・33分:ヤマハ 石塚選手ゴール× 5-0
・37分:クボタ ラックのこぼれ球をキック、BK選手が押さえてトライ 5-5
・38分:クボタ 森脇選手ゴール成功 5-7

【後半】ヤマハのキックオフ
・05分:ヤマハ ラインアウトからモールを押し込み大戸選手トライ 10-7
・06分:ヤマハ 石塚選手ゴール成功 12-7
・13分:ヤマハ 連続攻撃からクリシュナン選手が右隅にトライ 17-7
・14分:ヤマハ 石塚選手ゴール× 17-7
・20分:ヤマハ 連続攻撃から井本選手が中央にトライ 22-7
・21分:ヤマハ 石塚選手ゴール成功 24-7
・37分:ヤマハ スクラムから展開、タヒトゥア選手が左中間にトライ 29-7
・38分:ヤマハ 石塚選手ゴール成功 31-7
・46分:ヤマハ スクラムから展開、藤井選手が左隅にトライ 36-7
・47分:ヤマハ 清原選手ゴール× 36-7
試合終了。

■堀川ヘッドコーチ
「前半はクボタの固いディフェンスに苦しんだが、相手陣でゲームを続けたことが大きい。また、相手のしぶといディフェンスを若手選手が体験できたことが、大きな収穫だ。後半はセットプレーの差が出て、ヤマハ優位の展開となったが、本番のトップリーグでは双方共にスーパーラグビー経験者たちが戻ってくる。まったく別の布陣になるので、今日出た課題をしっかりと修正して、本番も気を引き締めてクボタ戦に挑みたい。」

ページ
先頭へ