本文へ進みます

ラグビーヘッドライン

2016年6月 4日(土) 試合結果:ヤマハ75-7セコム

前半に2トライを決めた吉沢選手 

 6月4日(土)に行われた春季練習試合、対セコム戦の試合結果をお伝えします。

■試合結果
ヤマハ発動機75対7セコム(前半34対0)

■マッチサマリー
 前半8分にタヒトゥア選手がトライを決めると、17分に再びタヒトゥア選手がトライ。19分に吉沢選手が、22分に加藤選手、34分に仲谷選手、37分に再び吉沢選手がトライを決め、前半を34対0で終えます。

 後半、ヤマハは大幅にメンバーを入れ替えます。8分と10分に藤井選手が連続トライ、12分に青野選手がトライを決めます。

 しかし、14分にヤマハのミスからセコムが反撃。1トライを奪われます。

 18分に山路選手がトライを決め、32分にスクラムを押し込んで松本選手がトライ。35分に後半からスタンドオフに入った小林選手がトライ。終了間際に、藤井選手がこの日3つ目のトライを決め、新人の石塚選手のゴールも決まり、75対7で試合終了となりました。

■清宮監督
「今日の試合は、若手選手たちが素晴らしい動きを見せてくれました。特に新人たちの活躍が光っていました。後半にフルバックで出場した石塚選手。スキルはもちろんのこと、闘志あふれるプレーを見せてくれました。春の試合、若手選手たちのレベルアップに期待したいと思います。」

ページ
先頭へ