本文へ進みます

ラグビーヘッドライン

2016年5月17日(火) 堀江選手のNZ研修レポートVol.11(5月17日更新)

NZ研修中の堀江選手 

 ニュージーランドでの研修も5月を残すのみとなった堀江選手。チームは初勝利し、堀江選手は6月の日本代表候補選手にもノミネートされ、上がり調子になってきた様子です。11回目のレポートをお楽しみください。

■堀江選手
「皆様、こんにちは。先週土曜、5月7日に行われた試合のレポートをお伝えします。

 ホームでAratakiを迎えての今節も、グリアートンのナンバーエイトとし先発出場しました。相手チームにはマオリ出身の選手が多く、とてもフィジカルなチームでした。
 
 こちらはペナルティーゴールを外し、得点のチャンスを逃がし、逆に相手はペナルティーゴールをコツコツと決め、流れを呼び込めない展開になりました。キックからの地域獲得もうまくいかず、さらに後半にはスクラムトライを奪われ、15対19となり苦しい時間が続きました。

 しかし、練習を重ねたブレイクダウンで相手ボールを奪うことができ、チームに反撃の糸口を作ることができました。また、全員でしぶとくディフェンスを続けた結果、残り4分の後半36分にトライを奪い、20対19で2連勝することができました。とても嬉しい勝利でした。7試合連続でフル出場でき、そのことも嬉しさを増してくれました。

 トップ8に残るために、負けられない試合が続くので、また来週も良い準備をして臨みたいと思います。」

ページ
先頭へ