本文へ進みます

ラグビーヘッドライン

2016年4月12日(火) 堀江選手のNZ研修レポートVol.6(4月12日更新)

堀江選手(2016年1月の戦3位決定戦より) 

 ニュージーランド研修中の堀江選手からレポートが届きました。地域リーグ第2戦目は4月2日に行われた模様です。今回は食事の様子も伝えてくれました。

■堀江選手
「皆様、こんにちは。地域リーグも始まり、良い緊張感を持って毎日を過ごしています。

 まず4月2日(土)に行われた第2戦についてお伝えします。試合は今回もアウェイで、Te Puke(トゥポキ)というチームと対戦しました。昨年に準優勝している強いチームです。僕は今回もナンバーエイトで出場しました。

 この日も午前中まで強い雨が降っていて、グラウンド状態は悪く、湿度が高く、じめじめした状況でキックオフを迎えました。

 試合はスクラム、ラインアウト共に相手に優位に立たれ、グリアートンはアタックにノックオンなどのミスが多く、そこから失点する場面が続く展開でした。僕もディフェンスでのミスがあり、また、味方の攻撃に、なかなか絡めず、チャンスを広げることができませんでした。

 グリアートンは後半の残り6分の間に集中力を見せて、3連続トライを取りました。逆転まであと一歩のところにまで追い上げましたが、時間が足りず、ノーサイド。36対39で負けました。個人的には反省点が多い試合でした。しかし、80分間フル出場できたことと、チームに勢いが出てきたことなど良い点もありました。次の試合に弾みがつく2戦目になりました。

 さて、今回は食事について紹介します。朝食はシリアルやヨーグルトなどをホームステイの家で食べて、英語学校に行きます。昼は学校の授業を終えてから、街で外食します。午後の練習があるので、あまり多くは食べません。昼と夜の合間には、サプリメント、プロテイン、バナナなどのフルーツで栄養を補っています。

 夜は1日で1番しっかりと、ホームステイの家で食べます、基本は野菜サラダに炭水化物のじゃがいも、メインのお肉というメニューです。僕がたくさん食べるので、ホストファミリーのお母さんは多めに作ってくれます。感謝しています。僕は嫌いな物が何もないので、食事に困りません。ちなみに、お母さんの弟は、元東芝のナンバーエイトで現在は神戸製鋼のFWコーチ、ニコラス・ホルテンさん。ですので、かなりラグビーに詳しいお母さんです。」

※訂正とおわび:堀江選手レポート数に誤りがありました。本レポートで第6号となります。ここに訂正し、お詫び申し上げます。

ページ
先頭へ