本文へ進みます

ラグビーヘッドライン

ラグビートップリーグ・ヤマハ発動機ジュビロの公式発表、試合案内、メディア出演情報、トピックスなど、最新情報をお知らせします。

ラグビーヘッドライン 各試合の速報や記者会見、そしてラグビー活動の現場から最新情報をお伝えします。

2010年3月12日

松下選手 ミニインタビュー 前編

 2010年の2月に7人制日本代表に返り咲いた松下選手。しかし、2009年度は怪我から始まる鬼門の年でした。苦しみながらも、エースとしてトップリーグ13試合と日本選手権出場決定戦1試合の全ての公式戦に出場を果たした松下選手の登場です。お楽しみください。

Q. 今シーズンは公式戦14試合すべてに出場しました
松下「全部14番のウイングとして出場しました。全体として、昨シーズンと比べるとパフォーマンスが良くないシーズンでした。怪我があり、痛みをかばいながらプレーし続けたこともあり、自分の持ち味を出し切れなかった感があります」

Q.松下選手の持ち味とは?
松下「スペースに走りこんで、相手のギャップを突くのが得意なプレーです。ワイドに展開して、走りきるタイプではないので、期待された動きができなかったのではないかと思っています。よくウイングとフルバックの違いを聞かれるのですが、ウイングは常にタッチラインと共に動くため、スペースが限られています。フルバックはグラウンド全体を使った動きができます。ウイングの難しさを痛感したシーズンでした」

Q.今シーズンの中で印象に残っている試合は?
松下「僕の中ではヤマハスタジアムのサントリー戦です。久しぶりに自分の持ち味を出せた試合でした。結果はよくありませんでしたが、僕の感覚としてはサントリーと互角の勝負ができた感覚があり、改めて試合記録を見ると、こんなに点差が開いていたとは。点差ほどの力の差はなかったような印象が僕には残っています」
<後編につづく>

2009年

リポート写真を拡大する

リポートの写真は、クリックすると大きく表示されます。

ページ
先頭へ