本文へ進みます

インタビュー

ヤマハ発動機ジュビロの監督・選手の特別対談をお届けします。お楽しみ下さい。

2019年9月18日(水) My Job in YAMAHA! マリン編 [3]

会社員とラグビー選手、二足の草鞋を履く彼らが、普段どんな仕事をしているのか。
シゴトのやりがいを感じながら、アソビの楽しみを知る、ラグビー選手流ヤマハ・ジョブ・スタイルを、ファンの皆さまにお届けする「My Job in YAMAHA!」。

ヤマハラグビーファンクラブ会報誌「スクラムジュビロ」で、お伝えしきれなかった取材当日の模様を、3回にわたって公開します!

名嘉 翔伍(フッカー)
ヤマハ発動機マリン事業本部
マーケティング統括部
第2マーケティング部
江口 晃平(フッカー)
ヤマハ発動機マリン事業本部
企画統括部 原価企画部
モデル原価グループ
[ゲスト]
矢富 勇毅(スクラムハーフ)
9年ほど前、2級船舶免許取得。
いつか家族でクルージングするのが夢。

ボートでいろんな人とのつながりや、遊びのアイディアが広がる。

江口 やっぱり、自分でボートを運転できるといいですよね。今日、名嘉さんを見ていて思いました。かっこ良かったですもん。

矢富 かっこ良かったか? 俺の方が絵になってたやろ?

江口 確かに、矢富さん、運転してなくてもいい感じでした(笑)。免許を持ってる人、周りにあんまりいないですし、僕が持ってたらみんなとこうやって遊べるんだなーと思って。

矢富 俺が免許取ったころは、ラグビー部じゃ俺しかいなかったけど、最近ちょっと増えてきたな。

江口 釣り好き、多いですからね。

名嘉 しかも本気の釣り。釣りが趣味の人は必携かも。

江口 さっきは、ちょっと雰囲気を楽しみましょうってことで、竿をたらしてみましたけど、ああいう風に、のーんびり楽しむのがいいんでしょうね。あと、プライベート感があるのもいいと思いました。

名嘉 僕は、どっちかっていうと、やっぱアクティブに。ウェイクボードとかやりたい。

矢富 おお、いいな、それ。俺もやりたい。

名嘉 引っ張る役もできるようになりたいですね。会社でトーイング研修があるんですよ。ボートを楽しむための研修がたくさんあるんで、そういうのをもっといっぱい受けたい。ヤマハマリンの中でも、僕がいる部署はかなり遊び寄りの仕事だと思うんで、どんどん自分が体現していきたい。

江口 ヤマハマリンて、最も趣味・嗜好の世界じゃないですかね。

矢富 ここで言うのも何だけど、実は俺、海より山派なんだよ(笑)。でも今日、ボート乗ったら天気良いし、海風も気持ち良く感じたし、日焼けしたい!って、思わずTシャツ脱ぎそうになった。この感じを誰かと共有したいなってちょっと思った。

江口 お子さんとか、喜びそうじゃないですか。

矢富 そやな。子どもと一緒にボート遊びしたら、きっと楽しい。あんまり海に接してこなかった人たちを誘ってボートで遊ぶっていうのも、親交を深める一つの方法として面白いんじゃないかって思うし。

名嘉 自分だけでできる遊びじゃなくて、みんなでっていうのが、なんかいいと思いませんか。

矢富 ええよな。みんなを巻き込んで楽しむっていうの、ボートならできる。ラグビー部で集まっていろんなこと楽しめそう。ボートっていうアイテムが増えると、もっといろんな遊びのアイディアが出てくる気がする。

名嘉 ラグビー部のみんなで遊びたい!

矢富 そやな、廣川(廣川翔也選手)が免許持ってるし、運転手は確定(笑)。それにあのボート、ヤマハのサウンドシステムがついてたやろ? ゴキゲンな音楽かけながら、ケータリングで美味しいもの食べて。新しい遊び方ができる『シースタイル』は、ヤマハ独自の楽しさがある気がする。

江口 実際に、ヤマハの社員の皆さんも『シースタイル』を利用して、交流会とか開いて楽しんだりしているみたいですよ。いいなーと思います。

江口 その前に、僕は免許を持っていないので、そこからですかね?

名嘉 かっこいいって言ってたし、ここで「免許取る」って言わないと。

矢富 お前、今ここで、「取ります!」って宣言せえや。

江口 いずれはと思うんですけど、なかなか機会が......。

矢富 それや、それがあかん。なかなかって言ってるヤツは、なかなかで終わるから。「取ります、『シースタイル』も入会します!」って、宣言して、今!

名嘉 そのスタンスだったら、来年もまだ持ってない、入ってない、だろ。

矢富 ここで、会報誌の取材の場で、「取る」って。はい!(笑)。

江口 取ります。

名嘉 言わされた感あるな(笑)。

矢富 弱気やな。ちなみに、俺はバイクの免許も持ってるけどな。よっぽど俺の方がヤマハを体現してるやん。

名嘉 え、すごい。バイクの免許持ってたんですか? 知らなかった。

矢富 中型やけど、来年、大型取るよ。はい、俺は宣言した!(笑)。

江口 はい、がんばりますから!

名嘉 よし。じゃあ、ラグビー部のみんなで、遊ぶ計画立てましょう!

矢富 がんばれよ、江口(笑)。

ヤマハマリンクラブ『シースタイル』

今回のロケで矢富選手が体験したのは、ヤマハマリンクラブ『シースタイル』。会員になると、ホームマリーナでボートをレンタルして、気軽にボート遊びが楽しめます。船舶免許や特殊小型船舶免許を所有している方はもちろん、免許がなくてもボートをチャーターできるシステムもあり、楽しみ方は無限大!
↓詳しくはコチラ!
https://sea-style.yamaha-motor.co.jp

<取材協力>
ヤマハマリーナ浜名湖
静岡県湖西市入出字長者1380
TEL.053-578-1114
https://hamanako.yamaha-marina.co.jp

ページ
先頭へ