本文へ進みます


2020強化試合 第2戦

2020強化試合 第2戦:釜石シーウェイブスRFC戦の結果をご報告します。

2020強化試合 第2戦

9/ 5(土) 11:00 Kick off 岩手県 岩手県:鵜住居復興スタジアム

釜石シーウェイブスRFC

VS

ヤマハ発動機ジュビロ

5

前半 0-21

後半 5-40

61
facebook twitter
試合画像
ボールを放つ篭島選手(撮影:大友信彦氏)

コロナ禍、2020年度初の対外試合を釜石市にて実現

 7月末に全体練習を再開し、8月の練習期間を経て、9月5日に今年度初の対外試合の日を迎えた。対戦相手は2011年の復興祈念試合から交流を深めている釜石シーウェイブスRFC。コロナ禍でラグビー観戦が中断されている中で、久々の試合とあり、雨天にもかかわらず、釜石市の鵜住居復興スタジアムに集まった約1,000人からの拍手の中、キックオフの時間を迎えた。

 ヤマハのキックオフで試合が始まる。ヤマハは序盤から相手陣でのゲームを続けるがノックオンなどのミスがあり、得点に結びつかない。前半20分に石塚選手のキックしたボールを追いかけた鹿尾選手が右中間にトライし、先制点を奪う。

 その後、33分にラインアウトから展開し、石塚選手のキックから再び鹿尾選手がトライ。さらに38分、センター白井選手の突破から相手陣に入り、ゲームキャプテンの桑野選手がトライを決め、左隅の位置からのゴールを石塚選手が成功させて21-0とリードを広げて、折り返す。

 後半は釜石のキックオフで再開。2分に釜石選手がヤマハ選手のキックをチャージし、そのボールを拾ってトライ。21-5となる。

 得点を奪われたがスクラムやラインアウトでしっかりとボールを保持するヤマハは7分、オープン攻撃から石塚選手が右中間にトライを決め、ゲリー選手のゴールも決まり追加点をあげる。

 その後は桑野選手のトライ、スクラムトライ、中井選手の3連続トライが続き、61-5で今年度初の対外試合を釜石の地にて勝利で飾った。

試合後インタビュー

堀川監督
「まず、今日の日を迎えられたことを素直に喜びたいと思います。新型コロナウイルスの影響により、3月からトップリーグが中断となりましたが、両チームとも、自分たちでコントロールできることをしっかりと行い、また、この試合を実現させたいという釜石市の方々の努力があり、見えない様々なチカラによって、この試合が行えました。関係者の方々と、雨の中を駆けつけてくださった皆様に感謝申し上げます。
 
 試合内容についてですが、若手も中堅も新人も、それぞれがやるべきことをやろうとしている姿勢が見られました。新人選手たちは実戦で、やっとヤマハラグビーを頭だけではなく、体で覚える機会になったと思います。この調子で、チームにさらに溶け込んでいってくれることでしょう。

 この秋の強化試合の全体のテーマはスピード。ボールを持っている時だけでなく、むしろボールを持っていない時間にどれだけ仕事をするか、どれだけ走るか。そこに注目して選手たちを見ています。」

試合詳細・メンバー

釜石シーウェイブスRFC   ヤマハ発動機ジュビロ
前半 後半 内訳 前半 後半
0 1
T

3

6
0 0
G 3 5
0 0
PT 0 0
0 0
PG 0 0
0 0

DG 0 0
0 5 21 40
5 合計 61
釜石シーウェイブスRFC

1

杣澤 誠
2 伊藤 大輝
3 束田 涼太
4 山田 龍之介
5 美﨑 正次
6 王野 尚希
7 サム ヘンウッド
8 中野 裕太
9 南 篤志
10 中村 良真
11 吹越 大清
12 伊藤 優駿
13 ヘルダス・ファンデンヴォルト
14 下山 輝
(15 ) 小野 航大

ヤマハ発動機ジュビロ

1

岡本 慎太郎
2 高部 大志
3 大塚 健太
4 三浦 駿平
(5) 桑野 詠真
6 舟橋 諒将
7 松本 力哉
8 杉原 立樹
9 篭島 優輝
10 石塚 弘章
11 吉良 友嘉
12 白井 吾士矛
13 鹿尾 貫太
14 中井 健人
15 ゲリー・ラブスカフニ
16 平川 隼也
17 江口 晃平
18 河田 和大
19 土山 勇樹
20 高橋 在人
21 廣川 翔也
22 田上稔
23 和田 源太
24 五郎丸 歩

ページ
先頭へ