本文へ進みます

2018-2019トップリーグ 第6節

2018-2019トップリーグ 第6節:キヤノン戦の結果をご報告します。

2018-2019トップリーグ 第6節

10/13(土) 11:30 Kick off 東京都 秩父宮ラグビー場

キヤノン

VS

ヤマハ発動機ジュビロ

17

前半 10-33

後半 7-19

52
facebook twitter
試合画像

安定したセットプレーから8トライ、決勝トーナメント進出を決める

 今季6試合目はキヤノンと東京・秩父宮ラグビー場にて対戦。午前11時30分という、久々に早い時間帯の試合となった。注目は新人の矢富(洋)選手がウィングのポジションで初先発となり、兄の勇毅選手はリザーブ入りし、11歳の年の差がある矢富兄弟が同時出場する可能性が早くも訪れた。

 キヤノンのキックオフで試合開始。直後にスタンドオフのマッガーン選手が軽快なステップを踏んで前進。ヘル選手やタヒトゥア選手の突破など、テンポよく攻撃を続け、前半2分に小林選手が中央にトライ。五郎丸選手のゴールも成功し、会心の立ち上がりとなった。

 しかし、直後のキックオフボールをキャッチミス。そのこぼれ球を押さえられてトライを与えてしまう。キヤノンのゴールは外れ、7-5となる。

 ヤマハは安定したラインアウトからボールを保持すると、FWが力強い突進を繰り返し、14分に日野選手が中央にトライ。さらに21分にも日野選手が密集のサイドを走り抜けて連続トライを決め、21-5とリードを広げた。

 スクラムも崩れることなく安定しており、スクラムハーフの吉沢選手が早いパスでヤマハBKを動かし、28分にマッガーン選手の突破から、最後は田中選手が左隅に飛び込みトライ。26-5とする。

 32分にキヤノンが連続攻撃から1トライ返すが、前半終了直前にヤマハは新人の矢富(洋)選手が快速を飛ばして中央にトライ。マッガーン選手のゴールも決まり、33-10で前半を終える。

 後半はヤマハのキックオフで試合が再開される。キヤノンは前半から戦術を変え、スクラムハーフの天野選手を起点に足の速いBK選手が左右に走る展開ラグビーで得点を狙う。防戦に回るヤマハは三村選手や小林選手らの好タックルで応酬。双方無得点の時間が続く。

 均衡を破ったのは元南アフリカ代表のスミス選手。後半26分に得意とする密集で相手ボールを奪うプレーを見せると、その密集を突き破って相手ゴールラインに一直線。55mを走り切ってトライするスーパープレーは集まった約7千名の来場者を唸らせた。

 29分に吉沢選手から矢富(勇)選手の入替が場内アナウンスにて紹介されると、会場は大きな歓声に包まれた。矢富兄弟の同時出場が実現した瞬間だ。35分、相手のキックしたボールを弟の矢富(洋)選手がキャッチすると、果敢にカウンター攻撃を仕掛ける。ラックから、今度は兄の矢富(勇)選手がパスダミーで抜け出し、最後がサポートした大戸選手にパス。大戸選手が中央にトライし、マッガーン選手のゴールも成功して47-10とリードを広げた。

 キヤノンも1トライ返すが、試合終了間際の39分に途中出場の山村選手が密集からボールを拾い、勢い良く突進してトライ。37歳のベテランが11シーズンぶりにトップリーグでトライを決めた。ヤマハは合計8トライを奪い、5勝目を挙げ、勝ち点24でホワイトカンファレンスの首位に返り咲いた。

 試合後の場内インタビューにて清宮監督は「山村選手はチームを明るくする素晴らしい選手。今日、ヤマハでの公式戦最多出場記録を作り、さらに11年ぶりにトライを秩父宮で決め、まさに"亮さんメモリアルデー"」と入団15年目となる大御所を満面の笑みで称えた。

※後半に55mの独走トライを決めたクワッガ・スミス選手(写真:久保暁生氏)

試合後インタビュー

■清宮監督
「今日は攻守ともに地に足のついたプレーが出来ました。80分間、エネルギーに満ちた試合内容だったと思います。今日はヤマハラグビーにとってはメモリアルデーでした。プロップの山村選手がヤマハの公式戦(リーグ戦、決勝トーナメント、日本選手権など)の出場記録歴代1位に輝きました。その山村選手が、短い出場時間の中、試合のラストでトップリーグでの10年以上ぶりのトライを決め、チームを盛り上げてくれました。実に山村選手らしいなと思います。また、矢富選手は兄弟出場を実現し、ご家族も喜んだことだと思います。決勝トーナメント進出に弾みをつける試合になりました。」

■山本ゲームキャプテン
「トップリーグ初出場の選手や久々の出場機会となった選手たちもいたので、試合前から『まとまりを大切にしていこう』と話し、実際にそれがグラウンドで表現できた試合になりました。予期せぬ交代などありましたが、One Yamahaをキーワードに、ヤマハスタイルのラグビーを貫けました。特に良かったのは最初のスクラム。ここを練習の時から意識して取り組み、その意識の差が今日の勝敗に繋がったのではないかと思います。僕は明日からの日本代表合宿に参加します。ヤマハの代表として、しっかりとトレーニングに取り組み、一つでも多くの国際試合に出場したいと思います。」

試合詳細・メンバー

キヤノン   ヤマハ発動機ジュビロ
前半 後半 内訳 前半 後半
2 1
T

5

3
0 1
G 4 2
0 0
PG 0 0
0 0

DG 0 0
10 7 33 19
17 合計 52
キヤノン

1

東恩納 寛太
(2) 庭井 祐輔
3 城 彰
4 アニセ サムエラ
5 ジャン・デクラーク
6 フィナウ・トゥパ
7 植松 宗之
8 フィリップ・ヴァンダーウォルト
9 天野 寿紀
10 田村 優
11 三島 藍伴
12 三友 良平
13 マイケル・ボンド
14 藤本 健友
15 イズラエル・ダグ
16 設樂 哲也
17 五十嵐 優
18 上田 聖
19 湯澤 奨平
20 田中 真一
21 荒井 康植
22 フレッド・ゼイリンガ
23 藤近 紘二郎

交替・入替
種類 時間 背番号

交替

前半26分 7→20
交替 後半0分 13→23
入替 後半13分 3→18
入替 後半13分 10→22
入替 後半27分 1→17
入替 後半27分 9→21
入替 後半36分 4→19
入替 後半37分 2→16

ヤマハ発動機ジュビロ

(1)

山本 幸輝
2 日野 剛志
3 伊藤 平一郎
4 大戸 裕矢
5 ディネスバラン・クリシュナン
6 ヘル ウヴェ
7 クワッガ・スミス
8 三村 勇飛丸
9 吉沢 文洋
10 マット・マッガーン
11 田中 渉太
12 ヴィリアミ・タヒトゥア
13 小林 広人
14 矢富 洋則
15 五郎丸 歩
16 名嘉 翔伍
17 西内 勇二
18 山村 亮
19 桑野 詠真
20 モセ・トゥイアリイ
21 矢富 勇毅
22 宮澤 正利
23 鹿尾 貫太

交替・入替
種類 時間 背番号

交替

前半36分 15→23
入替 後半27分 8→20
入替 後半27分 12→22
入替 後半27分 5→19
入替 後半27分 1→17
入替 後半29分 9→21
入替 後半32分 2→16
入替 後半32分 3→18

得点経過

前半 チーム 選手 種類 得点

3分

ヤマハ発動機 (13)小林 広人 T 0-5
4分 ヤマハ発動機 (15)五郎丸 歩 G 0-7
5分 キヤノン (14)藤本 健友 T 5-7
7分 キヤノン (10)田村 優 Gx 5-7
14分 ヤマハ発動機 (2)日野 剛志 T 5-12
15分 ヤマハ発動機 (15)五郎丸 歩 G 5-14
21分 ヤマハ発動機 (2)日野 剛志 T 5-19
22分 ヤマハ発動機 (15)五郎丸 歩 G 5-21
28分 ヤマハ発動機 (11)田中 渉太 T 5-26
29分 ヤマハ発動機 (15).五郎丸 歩 Gx 5-26
32分 キヤノン (8)フィリップ・ヴァンダーウォルト T 10-26
33分 キヤノン (10)田村 優 Gx 10-26
38分 ヤマハ発動機 (14)矢富 洋則 T 10-31
39分 ヤマハ発動機 (10)マット・マッガーン G 10-33

後半 チーム 選手 種類 得点

26分

ヤマハ発動機 (7)クワッガ・スミス T 10-38
27分 ヤマハ発動機 (10)マット・マッガーン G 10-40
35分 ヤマハ発動機 (4)大戸 裕矢 T 10-45
36分 ヤマハ発動機 (10)マット・マッガーン G 10-47
37分 キヤノン (6)フィナウ・トゥパ T 15-47
37分 キヤノン (12)三友 良平 G 17-47
39分 ヤマハ発動機 (18)山村 亮 T 17-52
40分 ヤマハ発動機 (10)マット・マッガーン Gx 17-52

ページ
先頭へ