本文へ進みます

2017春季練習試合 第1戦

2017春季練習試合 第1戦:中部電力戦の結果をご報告します。

2017春季練習試合 第1戦

5/27(土) 13:00 Kick off 静岡県 磐田市 大久保グラウンド

ヤマハ発動機ジュビロ

VS

中部電力

73

前半 21-0

後半 52-7

7
facebook twitter
試合画像
2年目も絶好調!タヒトゥア選手

2017年度の初戦、11トライを奪う好スタート

 2017年度の春季オープン戦が開幕。昨年に続き春の初戦は中部電力との対戦となった。スターティングメンバーには新人の桑野選手が5番ロックに、スタンドオフには新加入のマッガーン選手が入り、集まった約530名の来場者が見守る中、午後1時に試合が始まった。

 開始から2016年度のベストフィフティーンに選ばれたタヒトゥア選手が再三の突破を見せ、山路選手のトライをアシスト。自らも2つ目のトライを奪い、前半終了前にも小林選手のトライを導く突進を見せた。

 後半、ヤマハはメンバーを大幅に入替える。新人の江口選手、吉良選手がピッチに登場。吉良選手はスピードある走りからチャンスをつくり、江口選手も日野選手を彷彿させる巧みなパスワークを見せるなど、見せ場を作る。

 バードゥル選手の2トライや大塚選手の2トライなど、後半は8トライを奪う猛攻を見せ、73-7で春の初戦を勝利で飾った。
(撮影:甲斐博之氏)

試合後インタビュー

堀川ヘッドコーチコメント
「今年度の最初のゲーム、選手たちは積極的な姿勢を見せてくれました。新しいヤマハスタイルを作り上げていく中、ミスを恐れずにチャレンジし続けてくれたことを評価したいと思います。また、新人選手たちが新しい刺激をチームに吹き込んでくれ、チーム内の競争が激しくなった印象を受けました。コーチ陣としては嬉しい限りです。この先の春の試合で若手選手たちのさらなる成長に期待し、同時に、刺激を受けたベテラン勢たちの頑張りにも期待しています。」

西内ゲームキャプテン
「春から取り組んでいるものが、出来ている部分と出来ていない部分がわかった初戦でした。初戦とは言え、簡単なミスが多いこと、それから反則が多いことが気になります。この試合から得た課題をしっかりと修正していきたいと思います。全体的には、この時期にしては全員がよく走れていたので、その点においては良かったと思っています。」

試合詳細・メンバー

ヤマハ発動機ジュビロ   中部電力
前半 後半 内訳 前半 後半

3

8 T 0 1
3 6 G 0 1
0 0 PG 0 1
0 0 DG 0 0

21 52 0 7
73 合計 7
ヤマハ発動機ジュビロ

1

植木 悠治
2 名嘉 翔伍
3 西村 颯平
4 ヨハン・バードゥル
5 桑野 詠真
(6) 西内 勇人
7 山路 和希
8 松本 力哉
9 篭島 優輝
10 マット・マッガーン
11 早川 直樹
12 ヴィリアミ・タヒトゥア
13 小林 広人
14 粟田 祥平
15 石塚 弘章
江口 晃平
大塚 健太
大戸 裕矢
モセ・トゥイアリイ
池町 信哉
清原 祥
マレ・サウ
川原田 徹
吉良 友嘉
伊東 力
ゲラード・ファンデンヒーファー

中部電力

1

齋藤 健
(2) 山森 裕之
3 毛塚 祐貴
4 岩井 哲史
5 廣佐古 大典
6 長尾 恵太
7 近藤 貴敬
8 古屋 直樹
9 東郷 幹也
10 犬飼 涼二
11 紀伊 皓太
12 下嶋 智也
13 末廣 将成
14 高木 智司
15 川久保 龍太郎
鈴木 天良
服部 光
本間 優
菰田 好輝
宮田 脩平
村瀬 謙介
浅川 健太
前田 成基
水野 翔斗
岩田 和也

ページ
先頭へ