本文へ進みます

第54回日本選手権 準決勝

第54回日本選手権 準決勝:パナソニック戦の結果をご報告します。

第54回日本選手権 準決勝

1/21(土) 12:05 Kick off 花園(大阪) 花園ラグビー場

パナソニック

VS

ヤマハ発動機ジュビロ

36

前半 33-7

後半 3-17

24
facebook twitter
試合画像
この日も激しい突進が目立ったタヒトゥア選手

後半の追い上げも届かず、日本選手権準決勝敗退

 快晴の東大阪市花園ラグビー場にて第54回日本選手権が開幕した。トップリーグ準優勝のヤマハはリーグ3位のパナソニックと対戦。2016年8月から約5ヶ月ぶりの対戦となり、試合前に三村主将は「パナソニックには常に100%のプレーをしないと」と気を引き締めてキックオフの時間を待つ。

 ヤマハはトスで風下を選択し、パナソニックのキックオフで試合が始まる。注目のスクラムは開始直後の1分に組まれた。パナソニックボールのスクラム、日本代表SHの田中選手がすぐにバックスに展開し、ヤマハへの対応力を見せる。そして、9分にパナソニックボールでのスクラムの場面。パナソニックは素早くスクラムからボールを出すと、勢いよく走りこんだ福岡選手が中央に先制トライ。トライ直後、ヤマハのキックオフボールをパナソニックのヒーナン選手が縦に突進、バックスに展開するとボールをヤマハゴールに転がし、林選手が左コーナーにトライを決める。さらに23分、ヤマハがアタックを継続するも、密集でボールを奪われ、パナソニックの山田選手が中央にトライ。0-19とリードを広げられる。

 27分にヤマハは相手反則からタッチキックを選択し、ラインアウトに持ち込む。クリシュナン選手が掴んだボールをヤマハFWが固いパックで押し込み、最後は矢富選手がトライ。7-19とする。

 しかし34分、パナソニックはスピードある福岡選手が2つ目のトライを決めると、直後のリスタートのキックオフからもアタックを展開し、バックマン選手がトライ。7-33と5トライを奪われて前半を終える。

 風上となった後半はヤマハが相手陣地での試合を続ける。エリアを確保したヤマハは攻撃のテンポを上げるべく、清原選手をピッチに送り込む。ヘル選手やタヒトゥア選手らの突進から連続攻撃を続け、10分に田中選手が快速を飛ばしてトライ。12-33とする。

 しかし24分、パナソニックは1PGを追加し、スコアは12-36となり、24点差を残り15分間で追う展開となる。

 ヤマハはリザーブのトゥイアリイ選手や八木下選手ら全員を投入し、総力をあげてスコアを奪いにかかる。30分、連続攻撃から大戸選手が左中間に飛び込みトライ。ファンデンヒーファー選手のゴールも決まり、19-36と追い上げる。さらに38分にはトライゲッターの伊東選手が右中間に執念のトライを決め、24-36とするが、ここで時間切れ。2シーズン前に手にした日本選手権優勝杯の奪回は実現せず、準決勝敗退となった。この結果、今季はトップリーグ準優勝、日本選手権ベスト4という成績が確定し、今シーズンの全日程を終えた。

試合終了後のインタビュー(動画)はコチラからご覧いただけます。

試合後インタビュー

清宮監督 「前半の10分までの時間が非常に悔やまれます。パナソニックのスピードある選手に外のスペースを走られ、そこへの対応が不足していました。前半は風下を選び、リードされても10点差以内を想定していました。ところが簡単に得点を許してしまい、残念な結果に結びついてしまいました。  しかし、シーズンを通じてヤマハは大きく成長したと言えます。自分たちのスタイルに自信を持ち、自分たちが主導権を握って試合をする時間が長くなりました。その意味において充実したシーズンでした。ファンの皆様、今シーズンもたくさんの応援、誠に有難うございました。」
三村主将 「ヤマハのラグビーはセットプレーラグビー。スクラム、ラインアウト、そしてモールで前に出るのが自分たちのスタイルです。今日は要所要所でパナソニックにボールを奪われ、自分たちの形にもっていくことが出来ませんでした。しかし、シーズンを通じて、ヤマハは自信を持ってプレーできた試合が多かったと思います。足りない部分を見極めて、来期につなげていきたいと思います。今シーズンも応援を有難うございました。」

試合詳細・メンバー

パナソニック   ヤマハ発動機ジュビロ
前半 後半 内訳 前半 後半
5 0 T 1 3
4 0 G 1 1
0 1 PG 0 0
0 0 DG 0 0
33 3 7 17
36 合計 24
パナソニック
1 稲垣啓太
2 堀江翔太
3 平野翔平
4 谷田部洸太郎
5 ヒーナンダニエル
(6) 布巻峻介
7 西原忠佑
8 デービッド・ポーコック
9 田中史朗
10 山沢拓也
11 福岡堅樹
12 林泰基
13 リチャード・バックマン
14 山田章仁
15 笹倉康誉
16 坂手淳史
17 田村エムセン
18 ヴァルアサエリ愛
19 飯島陽一
20 ベン・ガンター
21 内田啓介
22 森谷圭介
23 タンゲレ・ナイヤラボロ
交替・入替
種類 時間 背番号
入替 後半0分 14→23
入替 後半10分 7→20
入替 後半30分 10→22
入替 後半30分 5→19
入替 後半30分 2→16
入替 後半35分 1→17
入替 後半36分 3→18
入替 後半40分 9→21
ヤマハ発動機ジュビロ
1 仲谷聖史
2 日野剛志
3 伊藤平一郎
4 大戸裕矢
5 デューク・クリシュナン
6 ヘルウヴェ
(7) 三村勇飛丸
8 松本力哉
9 矢富勇毅
10 大田尾竜彦
11 田中渉太
12 ヴィリアミ・タヒトゥア
13 マレ・サウ
14 伊東力
15 ゲラード・ファンデンヒーファー
16 加藤圭太
17 山本幸輝
18 山村亮
19 八木下惠介
20 モセ・トゥイアリイ
21 吉沢文洋
22 清原祥
23 宮澤正利
交替・入替
種類 時間 背番号
入替 後半10分 10→22
入替 後半18分 1→17
入替 後半25分 3→18
入替 後半25分 8→20
入替 後半25分 9→21
入替 後半25分 12→23
入替 後半28分 5→19
入替 後半35分 2→16

得点経過

前半 チーム 選手 種類 得点
10分 パナソニック (11)福岡堅樹 T 5-0
11分 パナソニック (10)山沢拓也 G 7-0
12分 パナソニック (12)林泰基 T 12-0
14分 パナソニック (10)山沢拓也 Gx 12-0
24分 パナソニック (14)山田章仁 T 17-0
25分 パナソニック (10)山沢拓也 G 19-0
28分 ヤマハ発動機 (9)矢富勇毅 T 19-5
29分 ヤマハ発動機 (15)ゲラード・ファンデンヒーファー G 19-7
35分 パナソニック (11)福岡堅樹 T 24-7
36分 パナソニック (10)山沢拓也 G 26-7
38分 パナソニック (13)リチャード・バックマン T 31-7
39分 パナソニック (10)山沢拓也 G 33-7
後半 チーム 選手 種類 得点
10分 ヤマハ発動機 (11)田中渉太 T 33-12
12分 ヤマハ発動機 (15)ゲラード・ファンデンヒーファー Gx 33-12
25分 パナソニック (10)山沢拓也 PG 36-12
31分 ヤマハ発動機 (4)大戸裕矢 T 36-17
32分 ヤマハ発動機 (15)ゲラード・ファンデンヒーファー G 36-19
39分 ヤマハ発動機 (14)伊東力 T 36-24
40分 ヤマハ発動機 (15)ゲラード・ファンデンヒーファー Gx 36-24
ページ
先頭へ