本文へ進みます

2016-2017トップリーグ 第2節

2016-2017トップリーグ 第2節:キヤノン戦の結果をご報告します。

2016-2017トップリーグ 第2節

9/ 2(金) 19:00 Kick off 東京都 町田市立野津田公園陸上競技場

キヤノン

VS

ヤマハ発動機ジュビロ

16

前半 6-22

後半 10-13

35
facebook twitter
試合画像

勝負どころの強さを見せ、開幕2連勝

 名将、清宮監督をしても「開幕からの2戦目が一番難しい」という第2節。対するはヤマハと同じくスクラムに注力するキヤノンであり、湿度の高い中でのナイターゲームという条件も加わり、接戦が予想された。

 キヤノンのキックオフで試合が始まる。序盤はキヤノンがヤマハ陣に攻め入るが、ヤマハは強みのスクラムから活路を見出し、陣地を挽回。前半9分にラインアウトからモールを組んで押し込み、相手反則から認定トライを奪う。その後もスクラムを起点に相手陣でのゲームを進め、15分にラインアウトのサイドをすり抜けて矢富選手が左隅にトライ。ファンデンヒーファー選手のゴールも決まり、14-0とリードを広げる。

 25分に密集での反則からキヤノンがPGを決め、14-3に。さらに32分にもPGをキヤノンに決められ、14-6となる。

 キヤノンに傾きかけた流れを呼び戻したのがウィングの中園選手。相手キックをキャッチすると、鋭いステップと緩急ある走りで相手選手を抜き去り、一気にゴールラインまでボールを運ぶ。そこで相手の反則を誘い、ファンデンヒーファー選手がPGを決め、17-6と追加点を奪う。さらに直後のキックオフからヤマハは勢いに乗って、連続攻撃を仕掛け、副将・宮澤選手の好判断から相手ディフェンス網の裏にボールを蹴りこみ、最後は同じく副将の日野選手が左隅にトライ。22-6で前半を終える。

 後半も先制したのはヤマハ。後半2分、トップリーグデビューを果たしたタヒトゥア選手の突破を起点に、ラックサイドを日野選手が突破してトライ。さらにファンデンヒーファー選手のPGも決まり、32-6と大きくリードする。

 しかし、キヤノンは9分に1トライ返し、さらに14分にPGを決め、32-16と追い上げムードを作りにかかる。そこで流れを再びヤマハに戻したのがピウタウ選手。カウンター攻撃を仕掛けると、相手ディフェンス網を突破し、一気に相手陣へ。相手の反則を誘い、ファンデンヒーファー選手のPGが決まり、貴重な追加点を奪う。
スコアを35-16とし、リードを保つ。

 その後、ヤマハはヘル選手、西村選手、名嘉選手、吉沢選手そして新人の清原選手などを投入し、リードを保ち、勝ち点5を獲得した。清宮監督は「前節ではボーナスポイントを奪えなかったが、トップリーグの実力者、キヤノンから勝ち点5を奪ったことは大きな価値がある。選手たちは良いヤマハスタイルを見せてくれた。」と選手の頑張りを賞賛した。

<勝利の流れを引き寄せた中園選手:撮影 久保暁生>

試合後インタビュー

清宮監督

「開幕戦を勝利し、そして迎える第2戦目は非常に重要であり、そして連勝することはとても難しいことです。しかし、我々コーチスタッフの想像以上に、選手たちはメンタルでもフィジカルでも、とても素晴らしい動きを見せてくれました。特にキヤノンは、ここ数年に実力を蓄え、トップリーグでも上位のチーム。そのキヤノンから、勝ち点5を取れたことは大きな価値があります。少ないチャンスを確実に得点に結びつけたヤマハ選手たち、良いヤマハスタイルを見せてくれました。この勢いにのって、次節は九州の佐賀に乗り込みたいと思います。」

三村主将

「まず、2連勝できたことを素直に嬉しく思います。そして、欲しかったボーナスポイントを獲得したことも嬉しく思います。勝てたことは嬉しいのですが、後半に軽いプレーをしてしまったり、スクラムなどのセットプレーで反則をしてしまったりと、反省点も多くでました。それでも試合中に修正できるだけの力があり、そこが今日の勝利に結びついたと思います。」

試合詳細・メンバー

キヤノン   ヤマハ発動機ジュビロ
前半 後半 内訳 前半 後半
0 1 T 3 1
0 1 G 2 1
2 1 PG 1 2
0 0 DG 0 0
6 10 22 13
16 合計 35
キヤノン
1 東恩納寛太
(2) 庭井祐輔
3 山路泰生
4 アニセサムエラ
5 宇佐美和彦
6 杉永亮太
7 嶋田直人
8 アダム・トムソン
9 福居武
10 ジャンクロード・ルース
11 藤本健友
12 三友良平
13 ハヴィリリチャードアファ
14 マイケル・ボンド
15 森谷直貴
16 金子大介
17 菅原崇聖
18 上田聖
19 菊谷崇
20 コーリー・トーマス
21 高城良太
22 野口裕也
23 小野澤宏時
交替・入替
種類 時間 背番号
入替 後半15分 6→19
入替 後半28分 11→23
入替 後半33分 1→17
入替 後半33分 2→16
入替 後半33分 3→18
ヤマハ発動機ジュビロ
1 仲谷聖史
2 日野剛志
3 伊藤平一郎
4 大戸裕矢
5 デューク・クリシュナン
6 モセ・トゥイアリイ
(7) 三村勇飛丸
8 堀江恭佑
9 矢富勇毅
10 大田尾竜彦
11 中園真司
12 ヴィリアミ・タヒトゥア
13 宮澤正利
14 ハビリロッキー
15 ゲラード・ファンデンヒーファー
16 名嘉翔伍
17 山本幸輝
18 西村颯平
19 八木下惠介
20 ヘルウヴェ
21 吉沢文洋
22 清原祥
23 シアレ・ピウタウ
交替・入替
種類 時間 背番号
入替 後半15分 6→20
入替 後半15分 11→23
入替 後半20分 1→17
入替 後半30分 2→16
入替 後半30分 3→18
入替 後半30分 9→21
入替 後半30分 4→19
入替 後半39分 10→22

得点経過

前半 チーム 選手 種類 得点
11分 ヤマハ発動機 認定トライ T 0-5
11分 ヤマハ発動機 (15)ゲラード・ファンデンヒーファー G 0-7
16分 ヤマハ発動機 (9)矢富勇毅 T 0-12
17分 ヤマハ発動機 (15)ゲラード・ファンデンヒーファー G 0-14
26分 キヤノン (12)三友良平 PG 3-14
34分 キヤノン (10)ジャンクロード・ルース PG 6-14
38分 ヤマハ発動機 (15)ゲラード・ファンデンヒーファー PG 6-17
40分 ヤマハ発動機 (2).日野剛志 T 6-22
41分 ヤマハ発動機 (15)ゲラード・ファンデンヒーファー Gx 6-22
後半 チーム 選手 種類 得点
3分 ヤマハ発動機 (2)日野剛志 T 6-27
4分 ヤマハ発動機 (15)ゲラード・ファンデンヒーファー G 6-29
9分 ヤマハ発動機 (15)ゲラード・ファンデンヒーファー PG 6-32
10分 キヤノン (13)ハヴィリリチャードアファ T 11-32
11分 キヤノン (10)ジャンクロード・ルース G 13-32
15分 キヤノン (10)ジャンクロード・ルース PG 16-32
22分 ヤマハ発動機 (15)ゲラード・ファンデンヒーファー PG 16-35
ページ
先頭へ