本文へ進みます

2016夏季強化試合 第5戦

2016夏季強化試合 第5戦:栗田工業戦の結果をご報告します。

2016夏季強化試合 第5戦

8/ 6(土) 17:00 Kick off 静岡県 大久保グラウンド

ヤマハ発動機ジュビロ

VS

栗田工業

36

前半 17-21

後半 19-10

31
facebook twitter
試合画像

■マッチサマリー
 前半は栗田工業のキックオフで試合開始。栗田工業はNo.8のパーカー選手を中心に開始直後から激しい突進を繰り返し、ヤマハ陣に攻め込みます。5分に篭島選手が反則からイエローカード(一時退場)となり、6分に栗田工業に先制トライを許します。

 ラインアウトを基点に相手陣に入ったヤマハは15分にスクラムを押し込んで松本選手がトライ。20分にはラインアウトから展開し、宮澤選手が左隅にトライし、10-7と逆転します。

 しかし両者譲らず、25分に栗田工業のポートリッチ選手に独走トライを許し、10-14と栗田工業が再びリード。すると、ヤマハは29分にスクラムで認定トライを奪って17-14と再び逆転します。ところが42分にヤマハのパスミスを栗田工業のポートリッチ選手が逃さずトライ。17-21と4点ビハインドで前半を折り返します。

 日が完全に暮れた後半、11分に栗田工業は森選手が正面のペナルティーゴール(PG)を決め手17-24とリードを広げます。しかし、19分にヤマハは強みのスクラムから認定トライを奪い、粟田選手がゴールを決めて24-24と同点に追いつきます。

 31分に栗田工業は効果的な攻撃を続け、最後はパーカー選手が中央にトライを決め、22-31とします。その直後の33分にヤマハは小林選手が走りこんでトライを左隅に決め、38分には、この日3つ目となるスクラムからの認定トライを奪い、粟田選手のゴールも決まり、36-31で試合終了となりました。

※画像:ゲームキャプテンとしてチームを牽引した宮澤選手(画像提供:三宅英典氏)

試合後インタビュー

堀川ヘッドコーチコメント

「今日の試合はスクラムの勝利です。FW選手たちが北見合宿での成果を見せてくれた試合と言えます。栗田工業さんの多彩なアタックに戸惑う場面も多くありましたが、よく対応したと思います。良い経験ができました。宮澤ゲームキャプテンを中心にまとまり、苦しい状況から逆転。今日のメンバーの中から、今季のトップリーグに出場する選手が何人も現れることに期待しています。」

宮澤ゲームキャプテン

「今日は何と言ってもスクラムでしょう。スクラムだけで、これだけ得点を取ってくれたのですから。一方、バックスに関しては、まだまだ。栗田工業の積極的なアタックに受けに回る場面もありましたが、一人一人が責任感を持ってプレーしてくれていたので、スコアは別として、姿勢としては良かったと思っています。今月末からはトップリーグ。チーム全体で、より高いレベルを目指していきます。」

試合詳細・メンバー

ヤマハ発動機ジュビロ   栗田工業
前半 後半 内訳 前半 後半

3

3 T 3 1
1 2 G 3 1
0 0 PG 0 0
0 0 DG 0 0

17 19 21 10
36 合計 31
ヤマハ発動機ジュビロ

1

植木 悠治
2 名嘉 翔伍
3 田村 義和
4 青野 天悠
5 斉田 晃平
6 Uwe Helu
7 山路 和希
8 松本 力哉
9 篭島 優輝
10 清原 祥
11 粟田 祥平
12 山本 将太
(13) 宮澤 正利
14 ハビリ ロッキー
15 藤井 達也
R 加藤 圭太
R 岸 直弥
R 山村 亮
R 大塚 健太
R 八木下 恵介
R 大山 晋弥
R 池町 信哉
R 小林 広人
R 早川 直樹

栗田工業

1

ジェイコブ・エリソン
2 前田 篤志
3 徳山 孝志
(4) 中尾 光男
5 佐藤 哲也
6 大野 潤滋朗
7 平野 和飛人
8 アッシュ・パーカー
9 森 洋三郎
10 マーク・ジャクソン
11 古川 賢一
12 太田 光一
13 水野 拓人
14 ベン・ポートリッチ
15 菅沼 神兵

ページ
先頭へ