本文へ進みます

2006-2007年度 トップリーグ 第2節

2006-2007年度 トップリーグ 第2節:コカ・コーラウエストレッドスパークス戦の結果をご報告します。

2006-2007年度 トップリーグ 第2節

9/16(土) 18:00

ヤマハスタジアム

ヤマハ発動機ジュビロ 13

前半 13-8
後半 0-14

22コカ・コーラウエストレッドスパークス

試合画像

試合レポート

「コーラさんの体を張ったプレーが一枚上手だった」と、試合後の記者会見にて堀川監督。
新鋭レッドスパークスのディフェンスに終始封じこまれ、スコアは13-22のまま、ノーサイドの笛がヤマハスタジアムに響きました。
前半、最初の得点はジュビロ。モールを押し込み、フェヌキタウ選手が押さえてトライ。ゴールも成功し、追加のペナルティーゴールも加わり、10-0と貫禄を見せます。しかし、勝負の分かれ目はその直後でした。ペナルティーゴールを狙わず、トライを獲りにいったジュビロ。レッドスパークスの山口主将は「あの瞬間に、いける!と思った。PGで突き放されていくのが一番嫌だったのですが、トライを狙いにきてくれれば、止める自信が全員にあった」と振り返ります。
前半は13-8とリードしながらも、後半、ジュビロは赤い閃光に行く手をことごとく阻まれ、無得点。逆に勢いにのったレッドスパークスは元日本代表の淵上選手がPGを次々と成功させ、追加点。13-22と痛いホームでの黒星を喫しました。
木曽主将「これだけ多くの方々が集まってくれたのに、申し訳ないとしか言えない」と、肩を落としてのコメント。第3節7試合中、5558名の観客数はダントツのトップだっただけに、痛すぎる敗戦となりました。


試合詳細、メンバー

ヤマハ発動機ジュビロ
1 高木重保
2 古川新一
3 山村 亮
4 久保晃一
5 石神 勝
6 澤田 昇
(7) 木曽 一
8 イポリト・フェヌキタウ
9 田井中亮範
10 大田尾竜彦
11 守屋 篤
12 大西将太郎
13 三角公志
14 中垣裕介
15 ネイサン・ウィリアムス
16 中林正一
17 伊藤雄大
18 串田義和
19 ジェフリー・マカ
20 岡 健二
21 マリカ・ブニバカ
22 松下 馨
交替・入替
種類 時間 背番号
交替 後半 8分 2 → 16
入替 後半 10分 8 → 18
入替 後半 10分 11 → 21
前半
1 トライ 1
1 ゴール 0
2 ペナルティG 1
0 ドロップG 0
13 合計 8
後半
0 トライ 1
0 ゴール 0
0 ペナルティG 3
0 ドロップG 0
0 合計 14
13 合計 22
コカ・コーラウエストレッドスパークス
1 山下克典
2 蔵憲治
3 西浦達吉
4 堀田亘
5 三根秀敏
6 ウェイン・オーモンド
7 岡田佳
(8) 山口智史
9 竹内恵亮
10 淵上宗志
11 小柳泰貴
12 ニールソン武蓮傳
13 マーク・ランビー
14 築城昌拓
15 徳住茂久
16 日隈慎太郎
17 中西光一
18 柳竜一郎
19 クレイトン・マクミラン
20 森原弘太郎
21 鶴丸誠
22 ベンジャミン・ジョーンズ
交替・入替
種類 時間 背番号
交替 前半 18分 1 → 17
入替 後半 0分 13 → 22
入替 後半 0分 11 → 21

得点経過

前半 チーム 選手 種類 得点
ヤマハ-コカ・コーラウエストレッドスパークス
3分 ヤマハ ネイサン・ウィリアムス PGx 0-0
5分 ヤマハ イポリト・フェヌキタウ T 5-0
6分 ヤマハ ネイサン・ウィリアムス G 7-0
21分 ヤマハ ネイサン・ウィリアムス PG 10-0
29分 ヤマハ ネイサン・ウィリアムス PG 13-0
32分 コカ・コーラ 淵上宗志 PG 13-3
38分 コカ・コーラ 小柳泰貴 T 13-8
40分 コカ・コーラ 淵上宗志 Gx 13-8
後半 チーム 選手 種類 得点
ヤマハ-コカ・コーラウエストレッドスパークス
1分 コカ・コーラ 竹内恵亮 T 13-13
2分 コカ・コーラ 淵上宗志 Gx 13-13
10分 コカ・コーラ 淵上宗志 PG 13-16
15分 コカ・コーラ 淵上宗志 PG 13-19
40分 コカ・コーラ ベンジャミン・ジョーンズ PGx 13-19
43分 コカ・コーラ 淵上宗志 PG 13-22
ページ
先頭へ