本文へ進みます

普及・地域貢献活動

ラグビートップリーグ・ヤマハ発動機ジュビロの普及・地域貢献活動をご紹介します。

2018年5月15日(火) 山村選手が一日児童相談所長に就任

 2018年5月9日(水)に山村亮選手が静岡県西部児童相談所の一日所長に就任しました。午前9時に所長の委嘱状を交付されると、早速午前の会議に参加。児童相談員からの各種の報告を聞き、午後には静岡県内の児童養護施設を見学する予定です。

 山村選手は「磐田市に住んで15年目になりますが、身近なところで保護を受けなければならない児童たちがいることを知り、大変驚きました。自分も3児の父親ですので、今日は多くの職員さんや相談員さんたちの話を聞きながら、しっかりと学びたいと思います。また日本でのワールドカップ開催が近づくにつれ、ラグビー選手の行動や発言が注目されていくと思いますので、今日の経験をこれからの活動に活かせればと考えています。」と一日所長の重みを感じた様子でした。

 今回の企画は5月5日からの児童福祉週間にあわせて、静岡県民に児童相談所や児童福祉施設を広く知ってもらうための企画で、このたび地域のスポーツ選手として、ヤマハ発動機ジュビロに静岡県西部児童相談所から依頼を受けて実現しました。

ページ
先頭へ