本文へ進みます

普及・地域貢献活動

ラグビートップリーグ・ヤマハ発動機ジュビロの普及・地域貢献活動をご紹介します。

2018年3月19日(月) とみがおか保育園ラグビー体験レポート

 3月19日(月)は磐田市富丘にあるとみがおか保育園にて、年長園児19名を対象にラグビー体験を行いました。ヤマハ発動機ラグビー部からはスタッフ2名が活動に参加しました。この日は、3月という事もありとても暖かい中での活動となりました。

 周りでは桜も咲く中での活動が始まり、スタッフ挨拶から始まり、その後、パスやキック、コンタクトのデモンストレーションを行いました。初めにスタッフがパスを紹介し、スクリューパスを園児たちの頭の上を通しながらパスを行うと、みんなパスの速さに驚いていました。その後、キックを行いスタッフが蹴ったボールが空高く上がるのをみて、みんな大喜び「すご~い!」「わ~!!」と大興奮でした。コンタクトでは、まずはスタッフが見本を見せ突進を行い、その後、先生にも見本を見せてもらいました。スタッフが先生に吹っ飛ばされ転がっているのをみて、園児たちは「お~!!」と声を上げ先生の強さに驚いていました。

 ラグビー体験の時間では、ラグビーボールを持って走ってみたり、手で転がしたり、ドリブルしたり、ボールキャッチをしてみたり、ラグビーボールにたくさん触れてもらいました。初めて触れるラグビーボールにみんな大興奮でした。ボール送りゲームではみんなで協力して競争を行い1位を目指して頑張りました。休憩を入れ水分補給、トイレ休憩を行った後は、コンタクトバックにたくさんぶつかりました。鬼が島といって鬼ごっこのようなゲームを行いました。鬼役のスタッフに捕まらないように一生懸命逃げていました。この日は、スタッフが被った鬼のお面に泣く子も出てしまいました。それでも泣きながら鬼から逃げたり、泣くのを我慢しながら鬼から逃げたり、みんな一生懸命走っていました。

 活動に参加してくれた園児の皆さん、先生方有難うございました。今回のラグビー体験を通じてラグビーに興味を持ってくれたら嬉しいです。(文責:遠藤広太)

20180319_aisatu.JPG20180319_borugame1.JPG20180319_borugame2.JPG20180319_borugame3.JPG20180319_borugame4.JPG20180319_boruokurigame1.JPG20180319_boruokurigame2.JPG20180319_syuugousyasin.JPG

ページ
先頭へ